子どもの運動能力を伸ばすためには

お母さまからよく頂く質問の一つである
「運動神経はどのように決まるのか」についてお話しいたします。

まず最初に、
そもそも「運動神経」という言葉は学術的には存在しません。
ですから人の運動能力はどのようにして決まるのか
という観点でお読みください。

運動能力の発達には、9~10歳頃から4~5年間続く
一生の中で運動能力が最も高まる「ゴールデンエイジ」と呼ばれる時期を
どのように過ごすかがとても大きな影響を及ぼしています。

そこで重要なのは、
この時期までに運動好きな子供に育てることです。

運動好きに育てるためには、
逆立ちや鉄棒、でんぐり返しなど多種多様の運動を経験し
リズムやバランスなどの運動感覚を身につけておくこと。

繰り返し練習を重ねる中で出来ないことができるようになった、
という喜びを感じてもらい、
自信を持たせることだと私は考えています。

ただ、9歳以下の子供は
総じて物事に対して飽きやすく、体を動かしている間、
常に楽しいと心から思わせることが必須となります。
ここがご家庭でのご指導では難しい部分かもしれません。

このほかにもお父さま・お母さま自身、運動が得意ではなく、
それが子供に遺伝しないか心配というお悩みも数多く頂きます。
その場合やはり、オリンピック選手に育てることは難しいかもしれません。

しかしゴールデンエイジ前の重要な時期に
親御さんが良い運動環境を用意してあげることで
運動好きな子供に成長していけば、
自分から積極的にいろいろな運動に挑戦し
自然と運動が得意になっていくものです。

「好きこそものの上手なれ」という格言は
子供の運動能力にも当てはまるのです。

Waku Waku Gymが目指しているのは
まさにこの、「良い環境作り」です。

子供たちが、
「体を動かすのはとても楽しい!」と感じるプログラムを
常に探求しながら生徒たちの指導に当たっています。

私はかつて日本で多くの大学生に体育を教えていましたが、
その中にはどのように指導しても、
運動が全く上達しない学生が何人かいました。

彼らと話をしてみると異口同音に
小学生の時から体育の時間が苦痛で仕方なく、
それ以降は体育以外に運動することはほとんどなかった
と言っていました。

ゴールデンエイジ期である小学生時代に
体育が苦痛となってしまっては、
残念ながら運動能力の高い大人に成長するのは
困難であると言わざるを得ません。

「体を動かすことはとても楽しい」
ゴールデンエイジ期までに、こう認識できれば、
運動能力の高い子供に育つ、とても重要な一歩を踏み出した
と言えるでしょう。

子供たちの大切な一歩のため、
当ジムではこれからもスタッフ一同精一杯努力して参ります。

 

 

UA-56816741-1