鬼ごっこをしましょう

今日は「おにごっこ」についてです。

Waku Waku Gymでは最近、
クラスの最後にタグゲームをしています。
これにはスポーツ、特にボールゲームをする上で
2つの大きな能力発達効果があります。

ひとつは「定位能力」と呼ばれるものです。

これは自分と他者との位置関係を把握する能力で、
「敵が自分に向かって攻めてきた」
「あそこに走り込めば相手陣地に攻めることができる」というように、
敵や味方のプレヤーの動きを見ながら
自分の動きを調節するときに要求される、
サッカー、バスケットボール、ラグビーなどのボールゲームでは欠かせない非常に重要な能力です。

タグゲームでは相手の動きに応じ
走るスピードを速くしたり遅くしたり、
走るコースを変える場面が多くありますが、
そのような時にこの定位能力が養われているとお考え下さい。

 

もうひとつは「変換能力」と呼ばれるものです。

これは急に状況が変わった時、
条件に合った最適な動きに変換できる能力です。

サッカーやバスケットボールで1対1になった時、
ディフェンダーが相手プレヤーのフェイントに惑わされず
うまく対応する際に必要な能力です。

タグゲームではタグを取られそうになった時や
相手のタグを取ろうとする時、
さらに他の子供とぶつかりそうになった時、
必要な能力とお考え下さい。

実際、最初は子供同士ぶつかったり危ない場面もありましたが、
最近ではこれらの能力が向上し、
だいぶ上手に動き回れるようになってきました。

 

 

タグゲームは子供の好奇心を刺激する楽しいゲームです。
一見すると遊んでいるようにしか見えないゲームですが、
実はゲーム中の子供の脳はフル回転しているのです。

 

 

UA-56816741-1