新型ウイルスを正しく恐れるとは?~わく通2020年4月

現在、新型ウイルス感染拡大予防のため、通常とは異なる生活を強いられている方も少なくないと思いますが、保護者の皆様、お子様たちはお元気にお過ごしでしょうか。

 

さて、今回はいま私が感じていることをお伝えしたいと思います。

 

かつて読んだ本の中に「人生には3つの坂がある」というものがありました。

一つは上り坂、もう一つは下り坂、そしてもうひとつが「マサカ」。ただのダジャレと感じるかもしれませんが、人生にはマサカというどうしようもない事が起こるもので今がそのマサカなのだと思います。

 

上り坂(良いとき)は油断をしないで今のままで頑張り続け、下り坂(悪いとき)ではいつもよりも頑張って悪い状態を脱する努力をしましょうというようにそれぞれの身の処し方があるかと思いますが、今回のマサカではどのような身の処し方が良いのでしょうか?

 

そのキーワードとなるのが「正しく恐れる」事だと思います。

どうしても「感染者数がどんどん増えています」、「テレビでお馴染みのあの人が感染しました」、「非常事態宣言が発令されました」などと言われますと誰でも不安になってしまうものです。そして、不安が高まってくると人は正しく判断することが難しくなってしまいます。

 

正しく恐れるとは、まずご自身の不安をコントロールする事が大切だと思います。そのためには、不安になるようなことを考えないように努力することです。

 

さらにお子様やご主人と仲良く円満に過ごす、笑顔を心掛ける、イライラしたり文句を言ったりしないことを心掛けるだけでもだいぶ不安をコントロールできるようになります。

 

そして次に大切なことは新型ウイルス感染予防のために何をすべきなのか、何をすべきでないのかといった正しい知識を身につけましょう。

 

今年の年初に誰一人として予想もしなかったこのマサカの事態を乗り切るためには、不安をコントロールして「正しく恐れる」事が最も大切ではないかと考えております。

 

今は大変な時期をお過ごしの方も数多くいらっしゃると思います。しかし、「朝のこない夜はない」という言葉もあるように、今回のマサカは必ず収束をむかえ、元通りの日常生活を送ることができるようになります。

 

再びお子様たちと一緒にジムで運動できる日がくることをマサ先生共々楽しみにしております。

UA-56816741-1