Waku Waku Gym

最近激変した子がいます!~わく通0219年1月号

さて、当ジムに通っている生徒で、最近「激変」した子がいるのですが、今回はそれを見て私が感じたことをお話ししたいと思います。

 

その子は入会当初は引っ込み思案で、何をしてもあまり自信が持てず、クラス中でも何かあるとすぐにお母さんの所へ駆け寄っていくような生徒でした。

しかし、ジムに通ううちに本来の明るさが出てきて笑顔がとても多くなり、クラス最後にある発表の時の声も別人のように大きくなって
私たちも一安心していたのですが、最近ではそれだけでなく、フリープレイタイムには他の子供をリードして鉄棒やボール遊びに誘うようにまでなってきたのです。

他の子供たちもその子の後について遊ぶのがとても楽しそうで、入会当初の様子からは考えられないその「激変」ぶりにお母さまもとても喜んで下さっています。

 

変わっていく子供の姿を間近に見ていて、この大きな変化の要因は何だろうかと考えたときに私がまず思いついたことは、ジムで楽しく体を動かす環境を提供し続けることができた結果ではないかということです。

そして、その環境に居心地の良さや安心感を覚えて少しずつ心が開いていったことで、自然と本来の自分を出せるようになってきたのではないかと考えています。

 

私はこれまでこの「わく通」の中で、できないことができるようになって自信をつけることが子供の成長を促す上でとても大切であると繰り返し述べてきました。

しかし今回の件で、それ以前に子供たちが毎回楽しく体を動かせる環境を提供し続ける大切さを何よりも強く感じました。

また、教育とは指導者が子供を導き、リードすることで成長させるのではなく、むしろその役割は雰囲気作りや環境整備、さらにはきっかけづくりといった補助的なものが主であって、それによって子供自身が本来持っている力を引き出すことであることを改めて痛感しました。

 

2019年も様々な子供たちとの出会いがあると思いますが、当ジムで楽しく体を動かせる環境を提供することで一人一人の子供の成長に寄与できるよう精一杯指導をして参りたいと思います。

そして、今年も一人でも多くの子供の秘めていた長所を引き出し、その嬉しい「激変」の場面に立ち会うことができれば幸いです。