跳び箱をしましょう

今回は「跳び箱」についてです。

日本の文部科学省の指導要領では、
小学校3年生、4年生の体育授業で跳び箱の指導を行うことを定めています。

跳び箱は逆上がりと同様、
できる子とできない子がはっきりしてしまう種目です。

そのため一度苦手意識を持ってしまうと
日常生活の中ではなかなか練習する機会もないこともあり、
ますます取り組まなくなってしまう特徴があります。

跳び箱を上手にできる子供とできない子供の一番の違いは、
跳び箱についた手よりも肩を前に出せるかどうか
という点です。

その際に必要なのは、
自分の腕でしっかりと体を支えることができる力です。

Waku Waku Gymでは、
「逆立ち」や「かえるとび」を行わせています。
これらの練習が跳び箱を跳ぶ上でとても重要になるからです。

次に重要なのが、
両足をそろえて踏みきり板を強く踏めるかという点です。

女の子に多いのですが跳び箱を跳ぶことを怖がってしまい
助走でスピードに乗りきれず、
踏みきり板を強く踏めないために上手に跳べない
というものです。

この場合、低い跳び箱を何度も跳ばせ
跳ぶ事に対する抵抗や恐怖心を無くしてあげると
すぐに跳べるようになります。

跳び箱は上手に跳べると爽快感があり気持ちが良いものです。

子供たちにはまず、
正しい跳び方をしっかりと身につけさせ、
その後徐々に高い跳び箱に挑戦してもらいます。

 

 

UA-56816741-1