何のスポーツを始めたらいい?~わく通2020年1月号

「そう先生のお勧めのスポーツはありますか?」と、特に小さいお子様のいるお母さまから聞かれることがあります。

そんな時に私は、それならスキーが絶対にお勧めですとお話しています。今回はなぜスキーがいいのかについてお話し致します。

今の子供たちが大人になる頃には平均寿命はさらに延び、100歳生きることも珍しくない時代が来ることでしょう。

それに伴い余暇の時間が増大して、今よりもさらに時間を持て余す人が多くなります。

そんな時に生涯にわたってできるスポーツがある人とない人では、人生の質に少なからぬ影響が表れるのではないかと私は考えています。

年を取ってからのスポーツは怪我のリスクがあるので、まず筋肉に過重な負荷のかからないものがいいでしょう。

また、自分のペースで運動量や難易度を調節でき、さらに非日常感や爽快感を感じられれば無理なく楽しく継続できるでしょう。

そのように考えると、おのずとスキーが思い浮かぶのです。

ただ、ここバンコクではスキーを始めたくてもなかなか気軽に行くことはできません。

また、スキーは斜面を滑り降りるので、まず始めにスピードに対する恐怖心を克服する必要があります。

ですから、恐怖心がまだ少ない小さい子供の時から経験を重ね、滑り降りる感覚を身につけておけば、その後は無理なく上達することができるのです。

スキーを始めるときに一番つらいのは一日目です。何度も転倒して恐怖心を覚え、体の余計な箇所に力が入ってしまったために次の日は筋肉痛に悩まされた経験のある方も多くいると思います。

そんな悩みを解消するのが、毎年3月に日本で開催している当ジム主催のWaku Waku Ski Camp です。

特に初心者は、私がかつてスキー学校でインストラクターをしていた際に開発した「ボーゲンくん」という装置を使えば誰でも容易に斜面を滑れるようになります。

キャンプ初日が終わった際には、一般初心者は「明日はもうやりたくない」というのが常ですが、当キャンプ参加の初心者は「明日はボーゲンくんを外せるようになりたい!」と意気込んでいる子がほとんどです。

生涯にわたって楽しめるスキーを始めるのであれば、今のお子様の年齢が最適です。

今年も3月末日に行いますので、是非お友達をお誘いあわせの上ご参加ください。

UA-56816741-1