ジムを再開して感じたこと ~わく通2020年9月号

さて、Waku Waku Gymは8月17日より再開し、近頃はだいぶ日常を取り戻してきました。

今回はジムを再開して保護者の皆様とお話をさせて頂き、私が感じたことについて述べたいと思います。

何よりもまず感じたことは、保護者の皆様が私たちを温かく迎えてくれたことでした。

ジム再開後一週間の間は各クラスの最初に改めてお詫びを申し伝えましたが、保護者の皆様からは

「待っていたんですよ」
「子供がいつから始まるのと何度も聞いてきました」
「わくわくが始まってくれて本当に良かったです」
「子供がわくわくバックを取り出してきて行く行くと聞かないのでなだめるのに苦労しました」
といった嬉しいお話を伺うことができました。

*

私は当ジムを設立する際に、
「子供たちの未来をもっと豊かに、もっと幸福にしたい」という理念のもと「すべては子供たちの『できた!』のために」というスローガンを掲げたのですが、同時に運動不足に悩むタイ在住の日本人子女のお役に立ちたいという非常に強い気持ちもありました。

今回日本での長期滞在を余儀なくされ、そのときに自分の居場所はバンコクのWaku Waku Gymであるということを改めて感じ、早く戻って子供たちと一緒に運動したいと強く思っていました。

実際、バンコクに戻る具体的日程が決まった時には私もまさ先生もまた子供たちと一緒に運動できるとわくわくした気持ちでいっぱいでした。

そして、実際に帰ってくることができて皆様に温かく迎えて頂いた時には、本当に感謝という言葉しか思い浮かびませんでした。

また、皆様に再開を楽しみに待って頂いていたということは、今までの私たちの取り組みが子供たちの未来のために少しは貢献できているのかもしれないと感じることもできました。

これからも子供たちが楽しみながら「できた!」を一つでも多く感じることができるようなクラスをまさ先生共々作っていきたいと考えております。

その小さな「できた!」を積み重ねることで、やがて揺るぎない自信が生まれ、セルフエスティーム(自分は価値ある人間だと認められる自己肯定感)が高まって行くのだと思います。

そして、セルフエスティームが高まる事で心身共に安定した大人になり、
最終的に子供たちの未来がより豊かに、より幸せになる事につながるのだという教育信念を持ちながら今後とも指導していきたいと考えております。

Tagged on:
UA-56816741-1